HOME  »  PRODUCTS  »  構造解説  »  [LOW-E複層ガラス]

構造解説



kihonseinoh.jpg





ペアガラス.jpg

LOW-E複層ガラス

LOW-E膜効果で、
夏は強い日差しをカット、冬は暖かく。

室外側ガラスにコーティングした特殊金属膜により、夏の強い日差しを約60%カットし、冷房効果を高めます。
紫外線もカットするため紫外線による日焼けも抑制。断熱効果は一般複層ガラスの約1.5倍です。
また室内側に熱伝導率の低い樹脂形材、室外側には耐候性・耐久性に優れたアルミ形材を採用。
異なる2つの素材の特徴を生かし一体化させた複合構造により、高い断熱性を発揮します。
住宅の省エネルギー化はもちろん、躯体内結露を防ぎ、住宅の長寿命化にも貢献します。

≪遮熱の重要性≫
夏の冷房時に家全体に入ってくる熱のうち、窓やドアの開口部を通るものが7割以上。
つまり、夏を涼しく快適にするためには、開口部の「遮熱」と「断熱」がとても重要です。

≪遮熱とは≫
太陽の直射熱(日射熱)の多くは、窓面を突き抜けて、室内に侵入します。
日射熱が部屋に侵入するのを防ぐことを「遮熱」、または「日射遮蔽」といいます。
遮熱性能が高いほど、この日射熱の侵入を少なくできます。